トップページ > 技術支援のご案内 > 人材育成 > 令和元年度食品開発・品質技術人材育成事業「LCーMS/MSによる食品成分測定技術研修」の開催について

令和元年度食品開発・品質技術人材育成事業「LCーMS/MSによる食品成分測定技術研修」の開催について

参 加 者 募 集

 地方独立行政法人鳥取県産業技術センター 食品開発研究所 〔所長 小谷 幸敏(コダニ ユキトシ)〕では、食品技術者育成研修の一つとして、表記研修会を開催いたします。
 LC-MS/MSは、美容・健康等に関わる機能性成分分析等に威力を発揮する装置で、今回は、日本ウォーターズ株式会社 宮﨑 達也(ミヤザキ タツヤ)氏等を講師にお迎えして、LC(液体クロマトグラフ)の基礎や固相カラムによる成分の抽出、ならびに当所が保有するLC-MS/MS装置についての活用事例の紹介を行っていただきます。


  令和元年11月28日(木)午後1時00分から午後4時00分まで
(地独)鳥取県産業技術センター 食品開発研究所 大会議室
境港市中野町2032番地3  電話:0859-44-6121(代表)
県内食品関連企業 等
日本ウォーターズ株式会社 (当センター導入機器のメーカー)
大阪支社 宮﨑 達也 氏、山本 和稔 氏
「LC(液体クロマトグラフ)の基礎とLC-MS/MSの活用事例」
  LCの原理や固相カラムによる成分の分離・抽出などの基礎をはじめ、
 実際にLC-MS/MS装置を使ってどのようなことに役立つのか、その活用
 事例について解説していただきます。
座学 20名程度(経験の有無は問いません)
無 料
別添申込書に企業名、受講者氏名、連絡先をご記入の上、ファクシミリ
または電子メールにてお申し込みください。
  ※申込期限 11月22日(金)


 【お問い合わせ・申込先】
  (地独)鳥取県産業技術センター 食品開発研究所 内川(ウチカワ)
   電 話:0859-44-6121(代)
   ファクシミリ:0859-44-0397
   Eメール:uchikawata@tiit.or.jp



<用語解説>
・LC-MS/MS (液体クロマトグラフ質量分析計)
  :液体クロマトグラフ(LC)に質量分析計(MS)を組み合わせた装置。未知の
   機能性成分の特定や微量成分の分析が可能。食品・化粧品成分の特定や含有量
   測定に威力を発揮する。


別添 申込書PDF [pdf:99KB]

別添 申込書Word [doc:38KB]


このページのトップへ