トップページ > 技術支援のご案内 > 人材育成 > 加工技術高度化講習会を開催しました

加工技術高度化講習会を開催しました

 当センターでは、県内企業の皆様の切削加工技術の向上を支援する取り組み(加工技術高度化促進事業)や、「次世代自動車」などの部品の各種製造技術についての課題解決及び今後の事業展開の推進に協力する活動(軽量化技術研究会事業)を実施しています。 
 この度、これらの事業活動の一環として「加工技術高度化講習会」を開催し、オークマ株式会社 森下 敬史 様から、ロボットと組み込んだ工作機械など最新の自動化・省力化についてのご講演を賜りました。
 多数ご参加いただき、ありがとうございました。

<概要>
日 時   令和元年12月17日(火) 午後1時30分から午後4時15分まで

場 所   (地独)鳥取県産業技術センター機械素材研究所
        (鳥取県米子市日下1247 電話:0859-37-1811)
内 容   
(1)講 演  「工作機械の最新自動化システムと最新技術」 
        オークマ株式会社  技術部 次長  森下 敬史 氏
         〇様々な工作機械の自動化システムについて
         〇次世代ロボットシステムについて
         〇工場・機械の見える化、AI活用技術、スマートファクトリーについて

(2)話題提供 「機械素材研究所の研究開発の取り組み」
         鳥取県産業技術センター機械素材研究所  所長    鈴木 好明
         〇ロボット関連等今年度実施している研究などについて 
        「機械加工分野の研究開発事例」
         鳥取県産業技術センター機械素材研究所  上席研究員  加藤 明
         〇加工系のこれまでの研究事例、異材接合研究について
        「機械学習による工場内機械稼働音監視」
         鳥取県産業技術センター機械素材研究所  研究員   木下 大
         〇音判別技術の現状、機械音判別の概要、音判別実験結果について

講習会の様子
講習会の様子


このページのトップへ