Language
ヘッダ画像

令和5年4月採用予定 研究職員採用試験(大学卒業程度)実施のお知らせ(高分子材料・機械工学・材料工学)

鳥取県産業技術センターでは、次のとおり令和5年4月1日採用予定の研究職員を募集します。
採用後は、地方公務員として県内産業に波及効果のある研究開発や県内企業への技術支援業務を行い、本県産業の振興に貢献していきます。
意欲のある方のご応募をお待ちしております!

当センターの活動を鳥取県総合情報誌「とっとりNOW」でご覧いただけます。詳細はこちらから。

当センターが企業と取り組む技術開発の内容や成果を動画コンテンツで紹介しています。詳細はこちらから。

募集内容等

※詳細は、別添の募集案内をご覧ください。
※試験日程、会場等は、新型コロナウイルスの感染状況等により変更することがあります。

募集分野及び 採用予定者数

〔高分子材料〕1名程度
〔機械工学〕1名程度
〔材料工学〕1名程度

※学術的な専門知識だけを示すのではなく、経済活動や企業の生産活動で活用できる実践的な知識または経験を求めています。

主な業務内容

〔高分子材料〕

プラスチック、ゴムをはじめとする高分子系材料、その他有機材料やバイオマス系材料等に関する研究開発や企業からの技術相談、機器利用、依頼試験、人材育成への対応など県内企業に対する技術支援業務を行います。

〔機械工学〕

加工、設計、機械システム(ロボット応用含む。)、機械材料、製造プロセスなどに関する研究開発や企業からの技術相談、機器利用、依頼試験、人材育成への対応など県内企業に対する技術支援業務を行います。

〔材料工学〕

金属、半導体、セラミックス、ガラス、複合体などの構造や機能に関する研究開発や企業からの技術相談、機器利用、依頼試験、人材育成への対応など県内企業に対する技術支援業務を行います。

受験資格

昭和62年(1987年)4月2日から平成13年(2001年)4月1日までに生まれた人
大学を卒業した人又は令和5年3月31日までに卒業見込みの人で、次のいずれかに該当する人

  1. 高分子材料関係学科、機械工学関係学科又は材料工学関係学科を卒業又は卒業見込みの人
  2. 民間企業等(自営業・公的機関を含む。)において、高分子材料、機械工学又は材料工学に関する研究若しくは開発(これらに準ずる業務を含む。)に従事した職務経験を通算して4年以上有している人又は令和5年3月31日までの間に当該職務経験が4年以上となる見込みの人

なお、大学には工業高等専門学校専攻科など、当センターが同等の資格があると認めるものを含みます。

受験申込受付期間 令和4年10月24日(月)~令和4年11月28日(月)※受験申込書午後5時15分必着
申込方法

添付の提出書類(様式)をダウンロードして必要事項を記載して、郵送又は持参してください。

◎持参による場合の受付時間
 午前8時30分 ~ 午後5時15分
 土曜日、日曜日及び祝日は、受け付けておりません。
 上記の受付日・時間以外に持参されても、理由の如何を問わず受理しません。
◎郵便又は信書便の場合も11月28日(月)午後5時15分必着としますので送付期間を考慮して早めに送ってください。

第1次試験

令和4年12月11(日)
(受付開始 10時 試験開始10時30分 試験終了 15時40分)

〔試験会場〕
 ・鳥取会場 鳥取県産業技術センター(鳥取市若葉台南7丁目1-1)
 ・東京会場 芝パークビルB館 地下1階 AP浜松町 Gルーム(東京都港区芝公園2-4-1)
 ・大阪会場 日本生命梅田ビル 5階 AP大阪梅田東 Iルーム(大阪府大阪市北区堂山町3-3)

※試験会場の変更を行う場合は、当センターホームページに掲載します。

第1次試験 合格者発表 令和4年12月23日(金)
第2次試験
令和5年1月20日(金) (1月23日(日)予備日)
※試験時間等の詳細は第1次試験合格者に通知します。
 
〔試験会場〕 鳥取県産業技術センター
最終合格者発表 令和5年1月27日(金)
勤務地(予定)
地方独立行政法人鳥取県産業技術センター
〔高分子材料〕
電子・有機素材研究所(鳥取市若葉台南7丁目1-1)のほか、当センター各施設等
〔機械工学〕、〔材料工学〕
機械素材研究所(米子市日下1247)のほか、当センター各施設等
採用予定時期 令和5年4月1日
業務・施設の説明 随時(希望者は連絡をお願いします)
鳥取県産業技術センターの業務・施設説明を行います。希望される人は、添付の募集案内で詳細をご確認の上、お申し込みください。

【提出書類】(Word形式・PDF形式)

page top