トップページ > 新着情報 > 波長分散型蛍光X線分析装置 入門セミナーを開催しました。

波長分散型蛍光X線分析装置 入門セミナーを開催しました。

実機を用いたデモンストレーションの様子
実機を用いたデモンストレーションの様子
 当センターでは、鳥取県で活躍する産業人材育成の一環として「分析技術能力強化事業」を今年度より立ち上げ、県内の電気・電子関係、機械・金属関係の技術者に対する分析技術の向上を図るための各種分析機器を用いた講習会を行っています。

 令和元年度 分析技術能力強化事業 第3回セミナーとして、令和2年2月6日(木)、講師に株式会社リガク 本間 寿 氏を迎え、『波長分散型蛍光X線分析装置 入門セミナー』を開催しました。
 波長分散型蛍光X線分析装置は、県内企業に広くご利用いただくため、JKAの「2019年度公設工業試験研究所等における機械設備拡充補助事業」により補助を受け導入しました。


【講習内容詳細】 

<講師> 株式会社リガク 本間 寿 氏

<講演タイトル> 波長分散型蛍光X線分析装置の原理と試料調製の基礎

分析の原理、分析可能な試料形状、材質、試料の調製方法について解説。また、ZSX Primus IVの特徴をふまえ、RoHSやマッピングなどの応用分析事例も紹介いただきました。実機による分析講習では、事前に用意した標準試料やステンレス板を実際に測定しながら、定性分析、定量分析、及びマッピング分析についてのデモンストレーションを行いました。

各種講習会は、詳細が決まり次第ホームページ等でお知らせします。


このページのトップへ