Language

とっとり技術ニュース(速報版)2018年4月19日【第88号】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
とっとり技術ニュース (速報版)    2018年4月19日【第88号】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【センターからのお知らせ】
 「平成29年度導入機器のご紹介」
 鳥取県産業技術センターでは、次の研究機器を整備しましたのでお知らせします。

(1)電界放出型走査電子顕微鏡分析装置(FE-SEM)
概要
細く絞った電子線を照射し、対象物から発生する2次電子、反射電子等を検出し、高倍率(数万~数十万倍)・高分解能(10-9 m:ナノメートルスケール)の観察・分析を行う装置です。
サンプル表面の微細なナノメートル領域の凹凸、異物、傷などの観察・測定が可能です。

研究所 機械素材研究所
担当科 無機材料科
問合先 0859-37-1811

※平成30年2月導入
公益財団法人JKA 平成29年度自転車等機械振興補助事業
平成29年度公設工業試験研究所等における研究開発型機械等設備拡充


(2)電気安全性試験器
概要
電気製品等に十分な絶縁性能があるか、感電の恐れがないか、保護が実現されているか等の安全性を評価する装置です。

研究所 電子・有機素材研究所
担当科 電子システム科
問合先 0857-38-6200

(3) 任意関数 / 波形発生システム
概要
汎用および任意の電気信号を高精度で発生させる装置です。電子機器等の設計開発、動作確認、信頼性試験を行うことが可能です。

研究所 電子・有機素材研究所
担当科 電子システム科
問合先 0857-38-6200

(4) 恒温恒湿器
概要
一定の温度、湿度の環境下での信頼性試験を行う装置です。 
電子機器製品、電子部品、樹脂や木質材料などの耐久性試験や温湿度特性試験を行うことが可能です。

研究所 電子・有機素材研究所
担当科 有機材料科
問合先 0857-38-6200
    

(5) 加工現象解析システム
概要
高速度カメラ、サーモグラフィ、各種センサからの信号を同期測定して、機械加工における様々な現象を見える化する装置です。新規工具の開発や加工中の不具合現象の解析が可能です。

研究所 機械素材研究所
担当科 機械システム科
問合先 0859-37-1811
   

(6)水分活性測定装置
概要
加工食品の保存適性や衛生管理に不可欠な食品の水分活性値を測定する装置です。

研究所 食品開発研究所
担当科 アグリ食品科
問合先 0859-44-6121

(7)粒度分布測定装置
概要
微粉末や顆粒などの粉体の粒度分布を湿式・乾式分取方法で測定する装置です。

研究所 食品開発研究所
担当科 アグリ食品科
問合先 0859-44-6121
詳細は、担当科にお問い合わせください。
設備のご利用をお待ちしております。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
このメールマガジンへのご意見・お問い合わせは、下記メール宛にお願いします。
→ tsgckikaku@pref.tottori.lg.jp

地方独立行政法人鳥取県産業技術センター
〒689-1112 鳥取市若葉台南7-1-1
T E L : 0857-38-6205
F A X : 0857-38-6210
ホームページ: http://www.tiit.or.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

page top