Language

波長分散型蛍光X線分析装置




この機器は米子施設にあります

機器概要

  • 試料にX線を照射したときに発生する蛍光X線を分光することで、試料に含まれる元素の種類と量を調べる装置です。

こんなことができます

  • 金属、セラミックス、樹脂などの元素分析
  • 岩石、鉱物、土壌、焼却灰などの元素分析
  • 油、水溶液などの液体の元素分析

主な仕様

メーカー(株)リガク
型式ZSX Primus Ⅳ
本体 測定可能元素 Be~Cm
測定可能試料 固体、液体、粉末
測定時雰囲気 真空、ヘリウム、大気
CCDカメラによるマイクロマッピング機構
検量線法、ファンダメンタルパラメータ法による解析
ガラスビード 成型部: Nieka E1
・電気炉加熱方式(最大加熱温度 1275℃)
・温度、時間を設定したプログラム運転
・Φ32mmのガラスビード試料を作製可能
粉体加圧成型部 : スペカック GS25822
・電動加圧方式(最大加圧荷重 25トン)
・荷重、時間を設定したプログラム運転
・Φ32mmのブリケット試料を作製可能

機器の利用について

連絡先 米子施設 無機材料担当
TEL 0859-37-1811 FAX 0859-37-1823
使用料 1800円 / 時間
page top